背景および目的

本部会では、設備保全、 プロセス安全管理、変更管理、 プロセス安全 メトリックス 、プロセスケミストリを対象として プラントエンジニアリングにおける プロセス安全を確保するための リファレンスとなる ,種々の 業務プロセスモデル( Business Process Model : BPM )を開発してきた。開発した BPM およびその活用法の 普及を目指し、 BPM を実事例に適用する際の助けとなる アプリケーション・ ソフトウェア を 開発できる程度の要求 事項 を策定することを WG の目的とする。ただし、その要件に基づいて開発される アプリケーション ・ソフトウェア によってもたらされるであろう 利益は当分見込ま ず、要求仕様の策定に注力する。

スコープと成果物

最初の1年間で、典型的なアプリケーション事例となるユースケース ・シナリオを策定し、 要求事項 を固めていく。その後、ソフトウェア開発を外注できる程度の要求仕様策定を目指す 。仕様策定のためのシナリオは変更管理を想定することで、他シナリオ (設備保全,プロセス安全管理への適用性・ 拡張性を確保する 。
ここで 作成した シナリオは BPM をベースとしたエンジニアリングの Design Rationalを表象したもの になるはずである。

BPMのスコープはPlant LCEの部分のみとし、アセット管理等の経営的側面はスコープ外とする。変更管理 WG で定義した PDCA を廻す プロセスを マネジメントする 広義の変更管理( 「統合管理 の部分 」) については, Plant LCE の Manageのアクティビティを取り出したものに相当するので、スコープに含まれる 。

メンバー

WGメンバーの公募はおこなわず、旧変更管理WGメンバーを中心に 直接勧誘するものとする 。現時点での予定メンバーは以下のとおりである。

主査(予定):武田
メンバー(予定):渕野、島田、北島、井内、大坂、斉藤、中田、千代田システムテクノロジー(高山)、 TEC (川内)(敬称略)

スケジュール

1月 運営委員会
3月 メンバー確定
3 月末から4 月初めのスタート

を目指す。
初回キックオフミーティングにおいて、WG開催の年間スケジュールを決めることとするが、基本的に2ヶ月に1回程度の開催を見込む。